専業主婦がキャッシングできるところ

11月 19th, 2014

貸金業法の改正で、これまで一番利用が多かった主婦が消費者金融を利用することができなくなりました。
貸金業法は2010年に改正が行われ、総量規制で融資限度は年収の3分の1と制限を受けるようになったため、パートやアルバイトをしている兼業主婦と収入のない専業主婦では利用できるキャッシング会社が制限されるようになり、パート代やアルバイト代の収入を得ている兼業主婦は消費者金融でも銀行でもパート キャッシングができますが、収入のない専業主婦は消費者金融を個人名での利用できなくなってしまい、専業主婦が消費者金融でキャッシングをするときは、配偶者の所得と合算した3分の1までは利用できますが、配偶者の所得証明書類や会社に在籍確認があるので、ご主人の同意を得ておく必要があります。
専業主婦が個人名義でキャッシングをする方法として、銀行のカードローンは総量規制の対象外になっているので、年収がなくても審査に通れば融資が受けられます。
銀行の審査に必要な書類として、日常生活で一時的に借りるお金程度なら収入証明書類も不要で、本人を証明できる書類があればよいだけなので簡単にキャッシングが始められます。
専業主婦専用の商品を扱っているところは、みずほ銀行のカードローンは融資限度額が30万円、イオン銀行の「イオン銀行カードローンBIG」は50万円、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」は融資限度額30万円といった商品があるので検討してみてはどうでしょうか。

プロミスの融資と利息

10月 9th, 2014

今回は、カードローン会社のプロミスで適用される「実質年利」をご紹介したいと思います。ぜひ、カードローン選びの参考にしてみて下さい。
プロミスで最も一般的なプロミスの金利は、最低6.3%から最高16.5%で設定されています。この金利は、使い道自由な「プロミス・フリーキャッシング」「プロミス・おまとめローン」そして、自営者向け「プロミス・自営者カードローン」において適用されます。
借金の一本化を目的とした「おまとめローン」においても、全く同じ金利が適用されています。おまとめローンの場合は総量規制の対象外として審査を受ける事が出来ます。このため、他社で借入審査に否決されてしまった方でも比較的ハードルが低く審査が行われる傾向にあります。
毎月の返済額が大きく、複数の借入で余計な金利を背負っている方は、ぜひ低金利でお得なおまとめローンを利用してみて下さい。返済負担だけでなく、全体の返済額をグッと小さく抑える事が出来るでしょう。
ただし、ひとつだけ「例外のローン商品」が存在しています。それは「プロミス・目的ローン」と呼ばれる商品です。旅行、資格取得や教育資金、マイカーの購入、冠婚葬祭、医療費、養育費など、生活に関する項目で、あらかりめ目的がはっきりしているものであれば、一般の利息よりも低く借入をする事が出来るのです。
ここで適用される金利は、6.3%から16.5%と、他のカードローン商品よりも低めの設定となっています。

携帯でキャッシングができるほどにサービスが充実している

5月 30th, 2014

消費者金融といえばサービスの充実は素晴らしいものです。
お金を借りたいときに携帯でキャッシングができるほどに便利になっています。

消費者金融の特徴となるサービスをみてみましょう。
まずは会員サービスに項目が多いことが挙げられます。
通常消費者金融でインターネットから会員ページにログインをして利用できるサービスにはこのようなものがあります。
・振込キャッシング
・インターネット返済
・返済シミュレーション
・各種変更手続き

振込キャッシングはご存知の通り、自分が持っている銀行口座にキャッシングの金額を振り込んでもらうサービスです。
現金が必要な時だけではなく家賃の引き落としや振り込みなど銀行口座に残高が欲しいキャッシングもあります。
その時にこそ役に立つのが振込キャッシングです。
インターネット返済も活用していきたいところでしょう。
出歩く必要なく携帯電話やスマートフォン、パソコンなどインターネットにつながる環境があれば会員ページにログインをしてインターネットバンキング経由で返済ができます。

借り入れが便利であることもうれしいことではありますが、キャッシングをできるだけ早く完結することを考えると返済方法が充実している方が安心です。
消費者金融は使いやすい方法が用意されています。
借り入れにしても返済にしても限られたものではなく数多くの方法となっていますので自分に合わせた使い方をすることができるでしょう。
自分流にカスタマイズして利用できるのが消費者金融です。